はたらくで
世界を良くしたい

エシカル就活は、社会課題に本気で取り組む企業と学生をつなぐ採用プラットフォームです。

新着採用情報
新着企業
近日開催のイベント
企業の取り組み
ー新たな資源循環モデルの実証事業を開始ー丸の内エリアの廃プラスチックを回収・製品化
レコテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:野崎衛、以下「レコテック」)、花王株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:長谷部佳宏、以下「花王」)、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:吉田淳一、以下「三菱地所」)、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(事務局:東京都千代田区、以下「TMIP」)は、東京・丸の内エリアにおいて、プラスチックの回収・製品化を通じた資源循環モデルの確立に向けた実証事業を開始します。  プラスチック製品など消費者が製品を使用した後に回収されるリサイクル材であるポストコンシューマーリサイクル材(以下「PCR材」)は、多品種かつ少量で発生するため回収が難しいことが指摘されています。そこで、消費材製品の原材料として循環利用するために必要な物流の効率化およびトレーサビリティの担保に向け、丸の内エリア等の廃プラスチックを回収・製品化することで、廃棄物の回収・圧縮保管・リペレット・製品化の一連のプロセスにおける課題の抽出および製品のライフサイクルを通じた環境への影響やコストを検証します。 なお、廃棄物の回収にあたっては、レコテックが構築したごみの種類・量・発生時間などの情報を地図上にマッピングするなど廃棄物情報を集約したクラウドプラットフォーム「Material Pool System(以下「MPS」)」を活用するほか、「再生利用指定制度※」を利用します。また、資源を採取・加工し、製品を製造・流通・販売する「動脈産業」と、その廃棄物を回収して再生・再利用、処理・処分などを行う「静脈産業」が一体となった物流システム「動静脈一体物流」を実現します。 ※再生利用されることが確実である産業廃棄物のみの処理を業として営んでいる事業者を 都道府県知事が指定することで、 産業廃棄物処理業の許可を不要とし、産業廃棄物 の再生利用を容易に行えるようにするための制度。 ■実証実験概要 実証期間:2021 年 6月1 日~2ヶ月程度(予定)※ 実証内容:ビルから排出されるプラスチック由来の再生プラスチックの品質を確認し、将来におけるプラスチック資源循環に適した分別ルール、効率的静脈チェーンのあり方、供給可能量及びリサイクルコスト(試算)の確認 実証対象:丸ビル、新丸ビル等の主にアパレルテナントから排出される プラスチック製フィルム ※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、実証期間などの実施内容が変更となる可能性があります。 ■ 実証実施の背景  昨今、グローバルにおいて急増する人口や過剰消費により、サーキュラー・エコノミーへの移行が急務となっており、2020年3月に発表されたEC(欧州委員会)の「New Circular Economy Action Plan(新循環型経済行動計画)」では、リサイクル材の使用義務化や廃棄削減に対する強制的な措置が提案されています。日本においても、海洋プラスチック問題の深刻化からプラスチックごみの削減と再利用が喫緊の課題であり、消費材メーカー等の製造事業者にもPCR材を商品の材料として積極的に活用していくことが強く求められています。  一方で、PCR材は多品種かつ少量で発生するため、各拠点での品種ごとの排出量が不明瞭で品質が安定せず、回収コストも非常に高くなります。企業が原材料としてPCR材を継続的に活用していくためには、調達量と品質の安定とともに回収・リサイクルのコストを抑える必要がある上、トレーサビリティの担保が欠かせません。 ■実証実験について 【実証方法】  本実証事業では、レコテックが提供するごみを可視化するプラットフォームシステム「MPS」および廃棄物を記録するWebアプリケーション「GOMiCO」にて廃プラスチックの量と種類を可視化し追跡・管理を徹底することでトレーサビリティを確立します。これを前提に、東京都の「再生利用指定」を受けた許認可外の車両を使った動静脈一体物流を実現することで、廃プラスチックの収集・運搬を効率化し再生ペレットのコスト削減を目指しています。また、プラスチックの回収から製品化までの一連のプロセスの環境負荷とコストを産学連携で評価します。  日本でも今年3月に「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」が閣議決定され、プラスチックの資源循環に向けた物流の効率化のための規制緩和が促進されていくと期待されます。本実証事業を通して、将来的なプラスチック循環事業のモデルや各ステークホルダーにおける課題をさらに抽出することでサーキュラー・エコノミーへの移行を先導します。 【各社の役割】 本実証事業では、三菱地所が所有する丸ビル・新丸ビルで排出されたプラスチックを、センコーグループである東京納品代行株式会社(本社:千葉県市川市、代表:伊藤祐之)が商品の納品時の帰り便で廃プラスチックを回収します。回収した廃プラスチックはセンコー商事株式会社(本社:東京都江東区、代表:米司博)で圧縮保管し、株式会社エンビプロ・ホールディングス(本社:静岡県富士宮市、代表:佐野富和)が廃プラスチックを粉砕・溶融して原材料化し、 リサイクルする「リペレット」を行います。再生ペレットは花王で製品への利用に向けて物性評価・用途開発を行います。   レコテック、双日株式会社(本社:東京都千代田区、代表:藤本昌義)、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表:丸岡亨)、日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表:寺西清一)の4社は再生資源のプラットフォームである「MPS」を基盤に、サーキュラー・エコノミー形成に必要なプラットフォームとしての要件や課題の抽出を行います。東京大学の村上研究室及び有限責任監査法人トーマツ(本社:東京都千代田区、包括代表:國井泰成)は、「再生利用指定」による動静脈一体物流による廃プラスチックの収集・運搬プロセス等の環境負荷及びコストの評価をします。 ■今後の展開について  レコテックは、2020年の川崎や福岡での実証事業により、商業施設から排出されるプラスチックの日用品ボトルへの利用可能性や経済合理性などを検証してきました。本実証事業では、規制緩和による物流効率化の環境負荷と収集・運搬コストへの効果を検証すると同時に、次年度からの事業化に向けてプラットフォームとしての課題を抽出・整理し、排出元・加工プロセス・PCR材の最終成果物の評価や認証などを検討しながら更なるシステム開発を加速させます。  花王は、リデュース、リプレイス、リユース、リサイクルの4Rの観点で、包装容器に使用されるプラスチック資源の削減に努めています。本実証事業では、廃プラスチックの回収の効率化と品質の安定性から、今後の商品への活用について具体的に検討を進めます。   三菱地所は、長期ビジョン「三菱地所グループのSustainability Vision 2050」を策定しており、多様な個人や企業が経済・環境・社会の全ての側面で持続的に共生関係を構築できる場と仕組みをエコシステムと定義し、その実現に向け取り組んでいます。本実証事業を通じて、持続可能な魅力あふれるまちづくりを推進していきます。 TMIPは、丸の内エリアにおいてサーキュラー・エコノミーを始めとした様々な社会活動の解決に向けた活動を活発に行っており、本取り組みもTMIPとの連携により始動したプロジェクトです。今後も、様々な社会課題解決に向けて進めていきます。
0
4
0
4
ヴィーガンスイーツ食べ比べBOXお取り寄せレポート
丸井グループのコミュニティサイト「この指とーまれ!」より最新記事をお届け! <ヴィーガンスイーツ食べ比べBOXお取り寄せレポート> 5月からスタートした「vee ga boo(ヴィーガブー)」のヴィーガンスイーツの食べ比べボックスを注文してみました!「ヴィーガンスイーツって甘いの?」「普通のスイーツとどう違うの?」などレポートしていきます♪ ヴィーガンスイーツは、原材料に動物性の食材や、卵や乳製品、はちみつ、白砂糖などが不使用。アレルギーでお悩みの人や食生活にこだわりのある人、お子さまから大人まで安心して食べやすいお菓子です。 編集部が「vee ga boo(ヴィーガブー)」で注文したのは、5ブランドの中から3ブランドがセレクトされた「おまかせBOX」!甘いモノが大好きな編集者Sと普段は甘いモノよりナッツ類が好きな編集Kが、お菓子を実際に食べてみた感想をレポートします♪ ◆「vee ga boo(ヴィーガブー)」とは 個性豊かなヴィーガンスイーツを、月替わりの厳選したBOXに詰め合わせてお届けし、気軽に食べ比べを楽しんでいただく、丸井グループが提案する新たなサービスです。コンセプトは「あふれ出すサプライズ」。どんなスイーツが入っているかは、届いてからのお楽しみ。つくり手の想いやこだわりを BOXに詰めてお届けしたい。そんなサプライズにあふれた"スイーツ体験"が、お菓子を食べる時の定番になることを願っているブランドです。 食べ比べレポートはこちらから♪ https://www.to-mare.com/news/2021/vee-ga-boo.html 多くのお菓子には牛乳などが使われていますが、畜産業はメタンガス排出などにより、地球温暖化につながるといわれています。そのため、ソイミートなどの畜産業に頼らないヴィーガンが世界的に注目されています。 体にも環境にも優しくて、満足感もしっかりあるヴィーガンスイーツ。テレワーク中や休日のおうち時間にとってもおすすめです!ついつい食べ過ぎないよう注意してくださいね♪ <マルイ店舗でイベント開催してます> 新宿マルイ本館8F 2021年6月1日(火)~7月4日(日) ◆vee ga boo公式インスタグラム いろいろなお菓子ブランドやイベント情報など随時配信! https://www.instagram.com/vee_ga_boo_official/ ◆vee ga boo公式サイト(プレオープン中) https://veegaboo0101.base.shop/ ※6月のご注文は1日(火)から15日(火)までとなっております
0
6
0
6
【Amazonランキング1位獲得】ボーダレス・ジャパン初の書籍『9割の社会問題はビジネスで解決できる』が5月28日(金)に発売!
【Amazonランキング1位獲得】ボーダレス・ジャパン初の書籍『9割の社会問題はビジネスで解決できる』が5月28日(金)に発売! 斎藤幸平氏、山口周氏、柳澤大輔氏、坂本光司氏、渋澤健氏、推薦!ソーシャルビジネスだけで売上55億円のすごい仕組みを大公開! プレスリリース配信日:2021年5月28日 12時00分 PR Times プレスリリース本文はこちら ソーシャルビジネス業界最大手の株式会社ボーダレス・ジャパン(代表取締役 田口一成/東京都新宿区)は、2021年5月28日(金)に書籍『9割の社会問題はビジネスで解決できる』をPHP研究所より発売いたします。 Amazon(URL:https://amzn.to/3woEWXK)は、5月29日(土)より販売開始です。 「社会を良くするために何か行動したい」と思うすべての人へ <こんな人におすすめします> ・社会起業を志す社会人や学生 ・すでに事業をしている経営者 ・企業の中で新規事業開発を行う人 ・週末を使って副業などをはじめている人 ・ビジネスの作り方が分からない人 書籍の購入はこちら:https://amzn.to/3woEWXK 【予約段階でAmazonランキング1位を獲得!】 ]『9割の社会問題はビジネスで解決できる』 「資本主義論」部門(5月25日調べ)で、24時間連続でAmazonランキング1位を獲得しました。 【著書インタビュー】 著書である田口に、この本を書いたきっかけやこだわりポイント、そしてこの先の展望まで、制作の裏側をインタビューしました。是非こちらも合わせてご覧ください。 インタビューはこちら:https://www.borderless-japan.com/magazine/52570/ 書籍の購入はこちら:https://amzn.to/3woEWXK <書籍情報> 書 名:「9割の社会問題はビジネスで解決できる」 著 者: 田口一成 出版社: PHP研究所 発売日: 2021年5月28日(金) 体 裁: 四六判並製・352ページ 定 価: 1,760円(税込) ISBN: 978-4-569-84913-3 Amazon書籍販売ページ: https://amzn.to/3woEWXK ブックファースト新宿店で出版記念フェア開催中です。 期間:5/31(月)~6/30(水) 詳細はこちら:https://www.borderless-japan.com/release/52618/ 『9割の社会問題はビジネスで解決できる』 <目次> ■第1章 「社会問題を解決するビジネス」を次々と生み出す仕組み ・資本主義の本質は「効率の追求」。そこから取り残される人がどうしても出てくる ・非効率を含めてビジネスをリデザインする ・社会起業家の数=解決できる社会問題の数 ・ソーシャルビジネスをたくさんつくる仕組み(起業家採用など) ・世界に広げていく仕組み(恩送りのエコシステムなど) ・ソーシャルインパクト─売上・利益よりも重要な独自の指標 ・【Q&A】ボーダレスグループの「リアル」。よくある質問・疑問に答えます! ■第2章 この“仕組み"がどうやって生まれたのか。その実験の歴史 1.ソーシャルビジネスにたどり着くまで ・起業するも、寄付できたのはたったの7万円 ・「ビジネスそのもので社会問題を解決できる! 」という気づきが大きな転機に 2.ソーシャルビジネスしかやらない会社へ ・本当に「助けたい人」のためになっているか ・ソーシャルビジネスは、失敗できない闘い 3.社会起業家のプラットフォームへ ・「1年に1事業」のペースでは遅すぎる! ・グループ外からも社会起業家を募るように ■第3章 「社会問題を解決するビジネス」のつくり方 ・大原則「ビジネスモデルの前に、まずソーシャルコンセプト ・テーマ選びに原体験はいらない 1.ソーシャルコンセプトを考える ・社会問題の「現状」「理想」「対策」を徹底的に考える ・当事者ヒアリングのコツは「行動」を聞くこと 2.制約条件を整理する 3.ビジネスモデルを考える ・ソーシャルインパクトを設定する ■第4章 ビジネス立ち上げ後の「成功の秘訣」 ・「勝ちシナリオ」が見つかるまでは、仮説・検証をひたすら繰り返す ・成長期に入るまでは、絶対に社員を雇ってはいけない ・事業が成功するかどうかは、続けるかどうかにかかっている ・ボーダレスグループ6社の事例 ■終 章 一人ひとりの小さなアクションで、世界は必ず良くなる ・まずは一人ひとりが「ちゃんとした消費者」になる ・みんなが「ハチドリのひとしずく」の精神で 書籍の購入はこちら:https://amzn.to/3woEWXK 『9割の社会問題はビジネスで解決できる』 著者プロフィール ボーダレス・ジャパン田口一成 田口一成(たぐち かずなり) 株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長 1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て、「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。早稲田大学在学中に米国ワシントン大学へビジネス留学。卒業後、株式会社ミスミ(現・ミスミグループ本社)を経て25歳で独立し、ボーダレス・ジャパンを創業。 2018年には、「社会起業家の数だけ社会問題が解決される」という考えのもと、社会起業家養成所ボーダレスアカデミーを開校。2020年には、誰もが参加できる地球温暖化対策として、自然エネルギーを広めていくための電力事業「ハチドリ電力」を自ら立ち上げた。 『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』(ともにテレビ東京系)など、メディア出演も多数。いま最も注目されている起業家の一人。本書が初の著作となる。 ボーダレスジャパンについて ボーダレス・ジャパン 社会問題解決を目的とする"ソーシャルビジネス"しかやらない会社として2007年に創業。国内最大規模の社会起業家のプラットフォームとして、世界15カ国で40のソーシャルビジネスを展開。従業員は約1,500名、グループ年商は55億円を超える(2021年5月現在)。様々な社会問題をビジネスで解決する独自の仕組みが評価され、「グッドデザイン賞」「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」を受賞。 <会社概要> 商号 :株式会社ボーダレス・ジャパン 代表者:代表取締役社長 田口 一成 本社 :東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F 設立 :2007年3月 資本金:1,000万円 書籍の購入はこちら:https://amzn.to/3woEWXK <本件に関するお問い合わせ先> 株式会社ボーダレス・ジャパン 広報:小川 メールアドレス:sr_pr(ここに@を入れてください)borderless-japan.com
0
2
0
2