エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー | エシカル就活ーETHICAL

はたらくで
世界を良くしたい

エシカル就活は、社会課題に本気で取り組む企業と学生をつなぐ採用プラットフォームです。

新着企業
22・23卒 採用中企業
近日開催のイベント
企業の取り組み
有機農業×自然エネルギー×教育の「次世代ソーラーシェアリング」「THE 土と太陽の発電所〜Soil&Sun〜」開設
株式会社ボーダレス・ジャパン(代表取締役社長:田口 一成、本社:東京都新宿区、以下ボーダレス・ジャパン)は、一般社団法人エシカル協会(代表理事:末吉 里花、事務局:東京都渋谷区、以下エシカル協会)とThree Little Birds合同会社(代表社員:佐藤 真吾、本社:千葉県匝瑳市、以下Three Little Birds)と3社で、ソーラーシェアリングによる発電を行う「THE 土と太陽の発電所~Soil&Sun~」を共同で開設いたします。 「THE 土と太陽の発電所〜Soil&Sun〜」は、市民エネルギーちば株式会社(代表取締役:東 光弘、本社:千葉県匝瑳市、以下みんエネ)が発電事業者となり、発電事業を6月30日(水)より開始いたします。 本発電所の発電容量は63.36kW(0.063MW)であり、一般家庭約22世帯分*の年間電力消費量に相当する年間予測発電量約7万9,200kWhを見込んでおります。 農地の面積は6,295㎡で、発電設備の設置面積は1,183㎡あり、元々耕作放棄地であった場所を循環型の有機農業を行うことで、地球と地域に還元を行っていきます。 *世帯当たり 3,600kWh/年で算出 本発電所の開設において、4社が共同で事業を実施する理由は、「次世代ソーラーシェアリング」の実現です。 有機農業を行う農地にて自然エネルギーを生産し、その事業自体に関わる「人」と「人」を繋ぐ教育事業を行うことで、ともに学び合う関係性までを有機的に育むことを推進していきます。 Three Little Birds合同会社が有機農業を行い、ボーダレス・ジャパンが運営するハチドリ電力とみんエネが自然エネルギーを発電し、地域に貢献をしていきます。 また、エシカル協会がこの事業全体を教育のフィールドとして活かし、エシカルなライフスタイルを実践する人をともに増やしていきます。今後は、フィールドツアーや施設見学、農作業の支援、全国への仕組みの提供を行っていきます。 ■発電所概要 発電所名:THE 土と太陽の発電所〜Soil&Sun〜 発電事業者:市民エネルギーちば株式会社 所在地:千葉県匝瑳市飯塚 太陽光発電容量:63.36kW(0.063MW) 年間予測発電量(初年度):約7万9,200kWh/年 運転開始日:2021年6月30日 ■開設にあってのコメント 株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長 田口 一成 「ハチドリ電力のミッションは、『自然エネルギーの発電量を実際に増やす』ことです。有機農業と共生する『ソーラーシェアリング』は、環境負荷の低い自然エネルギー発電を追求していくハチドリ電力にとって、とても重要なプロジェクトです。」 一般社団法人エシカル協会 代表理事 末吉 里花 「エシカル協会のミッションは、『エシカルの本質について自ら考え、行動し、変化を起こす人々を育み、そうした人々と共に、エシカルな暮らし方が『幸せのものさし』となっている持続可能な世界を実現する』ことです。今回の取り組みは、社会課題を解決する事業を営む3社が、互いの専門性を活かし、土と太陽のもとで自然と共生し、実践者となる事で『幸せのものさし』を後世に伝えていく一歩になると確信しています。」 Three Little Birds合同会社 代表社員 佐藤 真吾 「ソーラーシェアリングの畑は食べ物も生み、電気も生む畑であります。畑の土の微生物や生き物、そして協業できる皆さん、そこに集ういのちのエネルギーがより豊かにできるものと考えています。」 市民エネルギーちば株式会社 代表取締役 東 光弘 「『地方と都市をどのように繋いでいくか?』『生態系と人類文明をどのように調和させるか?』この二つの課題をソーラーシェアリングを通じて実現していくのが【みんエネ】のミッションです。電気も一つのメディアと捉え、楽しき本気の仲間と協力して全力で進みます。」 ■次世代ソーラーシェアリングについて 「ソーラーシェアリング」は、太陽光パネルの下で耕作を行う環境配慮型の発電方法です。 全ての植物にはそれぞれ光飽和点があり、ある一定の光の強さになると光合成の速度は変化しません。農地の上に細長い太陽光パネルを適切に設置することで、太陽光を農作物と発電で分かち合うことができます。 世界の食糧とエネルギーの問題を解決し、飢餓や貧困、略奪の無い世界を作る有効な手段です。 農林水産省では、この発電設備を「営農型太陽光発電」と呼んでいます。 THE 土と太陽の発電所〜Soil&Sun〜が定義する「次世代ソーラーシェアリング」は、「ソーラーシェアリング」を有機農業の農地で行い、その事業自体に関わる「人」と「人」を繋ぐ教育事業を行うことで、ともに学び合う関係性までを有機的に育むことを推進する事業です。
0
4
0
4