エシカル就活ーETHICAL SHUKATSUー | エシカル就活ーETHICAL

はたらくで
世界を良くしたい

エシカル就活は、社会課題に本気で取り組む企業と学生をつなぐ採用プラットフォームです。

新着企業
22・23卒 採用中企業
企業の取り組み
【11/7(日)締め切り】丸井グループ 秋のインターンシップ応募受付中!
<秋インターンシップ 開催決定!> 丸井グループのインターンシップで、「働く」を通じてあなたが実現したい未来を見つけてみませんか? 「小売×フィンテック×未来投資」をかけあわせた独自のビジネスモデルや、さまざまな経営資源を持つ丸井グループならではの価値創造を通じて、ビジネスを通じた社会課題解決を体感できます! ・実際の事業を取り上げたグループワークや社員座談会 ・新たな価値創出につながるビジネスプランの企画提案 「働く」を通じて実現したい未来について考えるとともに、 仕事の大変さやおもしろさを体感でき、自身の成長を実感できる3日間です。 「多様な職種を経験しながら自分を成長させたい」 「社会課題をビジネスで解決していくってどんなこと?」 「新たな価値を生み出すビジネスを、自ら考え実行したい」 と考える方に特におすすめのインターンシップです!ぜひご参加ください! <開催概要> 【日程】  1クール:11月20日(土)、23日(火・祝)、28日(日)  2クール:11月27日(土)、12月4日(土)、5日(日)  3クール:12月11日(土)、18日(土)、19日(日)  ※3日間のプログラムとなっているため、   必ず各クールの全日程にご参加頂くことが応募条件となります。 【開催場所】  リアル開催:1クール・2クール   丸井グループ本社または研修施設   東京都中野区中野4丁目3番2号  オンライン開催:3クール   WEB  ※開催日付近の新型コロナウイルスの感染状況によっては、   リアル開催のクールもWEBでのオンライン開催とさせて頂く場合もございます。 【募集人数】  各回20名程度 全3クール開催予定(秋) 【資格・対象】  四年制大学の大学1年生~大学4年生、大学院修士1~2年生   ※専門学校・短期大学在学中の方は対象外   ※理系・文系は問いません   ※21年夏インターンシップにご参加された方は対象外   (応募のみで参加はしていない方は、ご応募の対象となります) 【応募方法】   マイページにて動画のエントリーシートをご提出いただきます。 【応募締切】   11月7日(日)23:59まで ★詳細はこちらをご覧ください★ https://www.marui-group-internship.com/
0
2
0
2
名門大学ラグビー部の復活の狼煙!!日本全国を巻き込むプロジェクトが今、始動! そしてスポーツの力で人として成長する「文武両道」の教育を!!
2019年、ラグビーが掲げる“One Team”の名のもと、日本中に熱狂の渦が沸き起こった。 当時、国内の12都市が、開催地域として選ばれたが、その地の一つに、岩手県釜石市がある。 2011年に起きた東日本大震災から、約7年と5ヶ月で建設された釜石鵜住居復興スタジアムには、1万4千人以上もの人々が集まり、青々とした芝生を駆け、ぶつかり合う男たちの姿に熱狂の声が上がった。 ……かつて、このスタジアムがあった場所には、小中学校が建っていた。震災が発生した当時、何百名もの小中学生が手に手を取り合って津波から逃れ、本来の避難場所ではない高台までたどり着き、一緒に避難していた全員の命が助かっている。 そして2019年、津波により流されてしまったその小中学校の跡地に建てられた釜石鵜住居復興スタジアムが、ラグビーW杯の開催地の一つになったのだ。 さて、ここにもう一つの事実がある。 釜石鵜住居復興スタジアムで開催された、フィジーとウルグアイの試合は、圧倒的にフィジーが優勢だと思われていた。現に、ウルグアイはラグビー人口6千人ほどの小国で、当時の世界ランキングも、フィジーが10位、ウルグアイは19位という成績だった。 しかし、ここで奇跡が起きる。フィジーにとって格下の相手であったはずのウルグアイが、「ジャイアントキリング」を起こしたのだ。 その奇跡的なウルグアイの勝利は、復興する人々に大きな感動を与えた。 小中学生の生還の奇跡と、ラグビーが引き起こした奇跡、そして、スタジアムそのものが世界中の人から称えられる奇跡の復興の象徴として、様々なドラマが生まれていたのだ。 ....続きはプロジェクトページにて! https://spin-project.org/projects/76
0
2
0
2
近日開催のイベント